日本操体学会

隔月機関紙「イサキ」

操体法隔月機関紙「イサキ」

「イサキ」とは日本の古代文字カタカムナで「元気」という意味です。
当初は温古堂に診療にいらした患者さんへ、橋本 敬三先生からの季節の通信文でした。
生活に応用できる息食動想に関すること、そして敬三先生の後援スケジュールなどが 書かれていました。


それが、敬三先生の引退後現在のように、 
年6回隔月(1・3・5・7・9・11月)に出版される小冊子として
生まれ変わりました。 写真 (2)内容は敬三先生の基本概念をもとに「息食動想」にかかわる事項を掲載しています。
操体法を治療法として、健康法として、生き方としてなど、
様々な角度で活用されていらっしゃる方々の交流の場でもあります。

購読をご希望の方は、学会申込書(イサキ購読会員)にご記入の上、FAXかメールに添付して
お申込みください。
尚、購読料は年間3000円となっています。

※日本操体学会の事業年度は、10月1日から翌年9月末日とさせていただいております。年度途中のお申込みの場合、
年度初めの号から送付させていただいております。【例 令和3年12月お申込みの場合、最初に9月号と11月号の2冊が送付】
あらかじめご了承のほどお願いいたします。

<発行>日本操体学会
仙台市青葉区柏木1丁目8の28
柏木メディカルビル5階
TEL/FAX   022(717)8778
Eメール  onkodo-sendai@hb.tp1.jp
振込先
① 郵便振替
口座番号:02200-1-141210

加入者名:    日本操体学会
②ゆうちょ銀行 記号 18100 番号 37171961
③ゆうちょ銀行(他行から)
店名 八一八(ハチイチハチ)店番 818
普通 番号 3717196  名義 日本操体学会

  文責;橋本 千春

2022年5月号 No.256
目次

・温古老爺の一言   橋本敬三・・1

・目次 ・・2

・外来日記(129)『般若身経を考える その7』(基本運動3 前後屈 その④)
             橋本雄二 ・・3

・地湧きの思想 ーいのちを育む自然観ー (その3)
       気持ちのいいことをすれば健康になる・・5

・敬三先生との思いでを聞く③ 仙台市 加藤平八郎 第2回(全3回)
       「敬三先生との出会い」「シベリア抑留が敬三先生に与えた影響」他・・9

・活動報告 『操体法体験記』  長野市 小池知子 ・・15
  

・日本操体学会通信 ・・18
 ■ ZOOM 交流会について
 ■ 第38回全国操体バランス運動研究会について

・・敬三先生からの言葉がけに学ぶ ・・19
     茨城県日立市 鈴木直樹「NHKドキュメンタリーDVDより」

・暮らしの歳時記 第5回 「春の野草料理」「春の野草のお手当法」他
    奈良 川上文子 ・・20

・編集後記 □ 温古堂だより □ 事務局より  ・・23

 

Return Top