操体法隔月機関紙「イサキ」

「イサキ」とは日本の古代文字カタカムナで「元気」という意味です。
当初は温古堂に診療にいらした患者さんへ、橋本 敬三先生からの季節の通信文でした。
生活に応用できる息食動想に関すること、そして敬三先生の後援スケジュールなどが 書かれていました。


 写真 (2)
操体法を治療法として、健康法として、生き方としてなど、
様々な角度で活用されていらっしゃる方々の交流の場でもあります。

□事務局より
皆様一年間ご愛読ありがとうございました。年6回発行してきた「イサキ」は、その形式を見直すことになりました。今後の発行の形が決まるまで一端休止とさせていただきます。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
10月の日本操体学会総会での決定を踏まえ、12月に新たな形での発行のご案内と申し込み受付をさせていただく予定です。ご意見ご要望ございましたら、事務局までご一報ください。

<発行>日本操体学会
仙台市青葉区柏木1丁目8の28
柏木メディカルビル5階
TEL/FAX   022(717)8778
Eメール  onkodo-sendai@hb.tp1.jp
振込先
① 郵便振替
口座番号:02200-1-141210

加入者名:    日本操体学会
②ゆうちょ銀行 記号 18100 番号 37171961
③ゆうちょ銀行(他行から)
店名 八一八(ハチイチハチ)店番 818
普通 番号 3717196  名義 日本操体学会

  文責;橋本 千春

2022年9月号 No.258
目次

・温古老爺の一言   橋本敬三・・1

・目次 ・・2

・外来日記 130 最終回  橋本雄二・・3

・地湧きの思想2より「いのちを育む自然観」その4 橋本敬三・・5

・敬三先生との思い出を聞く  加藤平八郎・・10

・第38回全国操体バランス運動研究会のご案内 金澤秀紀・・18

・日本操体学会通信 ・・19

・暮らしの歳時記 川上文子 ・・21

・□ 温古堂だより □ 事務局より  ・・23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です